アメリカの高速鉄道の特徴について知ろう!

アメリカの高速鉄道

世界中で活躍する高速鉄道。その存在は最早ユニバーシティといっても過言ではありません。世界の大国と称されるアメリカでも、もちろん高速鉄道は運行しています。しかし、その特徴は日本やその他の地域とは違う特徴を持っているのです。アメリカの高速鉄道にはどのような特徴があるのでしょうか。

最初に取り上げたいのがアメリカの交通事情です。アメリカでは旅客鉄道会社が公営でありながら線路の所有者が私営だというねじれ体質を持っているという特徴があります。さらに、線路の所有者が旅客よりも貨物を優先させる体質であるため、なかなか旅客輸送が優遇されないのです。そのため、車や飛行機といった交通手段に押されているという現状があります。

そんな状況下の中で2000年に運行を開始したのがアセラ・エクスプレスです。こちらの車両は北東回廊であるボストンからニューヨーク、ワシントンD.C.などといった人口密集地帯における旅客輸送を目的として建設されました。最高時速は路線によって異なり、ニューヨークからフィラデルフィア、ワシントンD.C.間は215kmで走行し、ボストンからニューヘイブンまでは240kmで運行しますが、途中で徐行をするため、到着時間は遅くなります。クラスもファーストクラスとエコノミークラスに分かれているのが特徴的です。

高速鉄道の世界的な普及。それはその国の国力や国民性、経済政策などを浮き彫りにすると言われています。アメリカの高速鉄道について知りたい方は是非この記事を最後までお読みください。どうぞよろしくお願いします。