アメリカの高速鉄道の特徴について知ろう!

取り巻く環境

アメリカの高速鉄道事業は、今のところ北米や中米、南米においても低調だという印象が多くの人々に持たれています。その一環には旅客鉄道会社が公営にも関わらず、線路の保有者が私営であり、貨物を優先するという体質にあるため、旅客輸送があまり優遇されていないというものがあります。

また、鉄道を使った移動というものが古臭いというイメージが付き、今もまだ払拭しきれていないという点も大きなポイントです。アメリカの移動と言えば、飛行機か車での移動というのが定番であるため、それを覆すのが難しいとされています。このような点から、ヨーロッパやアジアなどのように高速鉄道計画が進みにくいとされているのです。

このように、浸透が難しいことが予定されているアメリカの高速鉄道事業ですが、バイアメリカン条項というアメリカの景気対策において、その建設予定が急がれているという側面もあります。しかし、上記されているような事情から、その成功は難しいとされています。現に急拡大をして工場を拡張したものの、その技術力の習熟度が思うように上がらず、現場が混乱。納期が間に合わず大型の赤字を記録してしまいました。業績の立て直しには時間がかかりそうです。