アメリカの高速鉄道の特徴について知ろう!

代表的な車両

アメリカの高速鉄道といえば、アセラ・エクスプレスです。こちらの高速鉄道は、「アムトラック」というアメリカの旅客鉄道公社が運行しています。ボストンからニューヨーク、フィラデルフィア、ワシントンD.C.を経由します。この名称はaccelerationとexcellenceを混ぜた造語となっており、アメリカではアセラ・エクスプレスが唯一の高速鉄道となっています。

アメリカでは飛行機と車に交通手段が集約されており、鉄道はメトロライナー以外低迷している状況にありました。そうした状況を打破すべく、北東回廊にあたるボストンからニューヨーク、ワシントンD.C.に高速鉄道を走らせる計画をスタートさせました。運行開始が2000年に始まったアセラ・エクスプレス。人口が密集する北東回廊の移動をスムーズにさせることがアセラ・エクスプレスの目的と言っても良さそうです。なお、メトロライナーの運行は2006年の10月27日を持って全廃となっています。

アセラ・エクスプレスはアメリカでただ一つの高速鉄道です。北東回廊という人口密集地帯を結ぶ高速鉄道は、2000年に運行を開始しています。自動車大国であるアメリカにおいて、古き良きアメリカの鉄道文化を現代に伝える存在として世界中の鉄道ファンから注目をされている存在です。